1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫夜スリム トマ美ちゃん酵素プラス版の口コミ効果レビュー

夜スリム トマ美ちゃん酵素プラス版の口コミ効果レビュー

夜スリムトマ美ちゃん酵素プラス版の口コミ効果レビュー

めしおです。
「夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)」というダイエットサプリメントを
レビューしてみます。

トマ美ちゃん全体写真

■本日の記事内容
夜スリム トマ美ちゃん酵素プラス版の口コミ効果レビュー

夜スリム トマ美酵素プラス版ちゃんってどんなサプリ?

「夜スリム トマ美ちゃん酵素プラス版」とは、
以前、某雑誌モデルや人気女優とタイアップをして、
大々的に宣伝活動をしていたダイエットサプリメントです。

正直、女優やモデルがおすすめしているからと言って、
ダイエット効果が期待できるサプリというわけではありません。
それより注目すべきなのは、「夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版ではない)」は
昔は某・サプリメントの評価機関の審査をクリアしていた点です。

第三者の評価機関のサイトに掲載されていたということは、
ダイエット効果のあるなしは別にして、成分内容には偽りはなかったはずです。
その点は安心して良いと思います。

この「夜スリム トマ美ちゃん酵素プラス版」にはトマト3個分のリコピンが含まれています。
つまり、一時期話題になった「夜トマトダイエット」を
「夜スリム トマ美ちゃん酵素プラス版」で実践が可能となるのです。

そもそも、夜トマトダイエットって何?

プチトマト山盛り

夜トマトダイエットとは、
毎晩夕食時に大きめのトマトなら2個、ミニトマトは17個、
トマトジュースだったら1本飲むというものです。

ただ、色々と調べてみましたが、
サイトによってこの分量がバラバラで当てになりません。
夜スリム トマ美ちゃんの販売サイトでは「トマト3個」とか書かれています。
結局は、「トマトをたくさん食べましょう」ということですね。

トマトに含まれる「リコピン&食物繊維」を摂取するのが、
夜トマトダイエットというものです。
最低3ヶ月、理想は6ヶ月続けることが重要だそうです。
こんな食生活を半年も続けられる人なんていませんよね。

そこで、夜トマトダイエットの継続が難しい人のために
トマト3個分のリコピンを含んだという
「夜スリム トマ美ちゃん」が発売になったというわけです。

怪しいので、夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)の販売会社に問い合わせてみました

一方、夜スリムトマ美ちゃん酵素プラス版の以前の販売ページを見ると、
写真素材サイトのモデルさんを顔写真を
「愛用者の方からの感謝の声」として掲載していました。
(※現在の「酵素プラス版」には使用されていません)

「怪しい・・・」と思った私は、
夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)の販売会社である
株式会社コマースゲートに問い合わせました。

すると、社長の井上さん直々に下記のようなメールと、
ガチのお客さまの声を送付してくれました。

夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)ですが、こちら、かなり好評価されております。
お客様には本当に支持されているサプリメントで御座います。

私どもは、ページ上の薬事法も準拠していますし、
様々な大手メディアにて広告をやらせて頂いています。
また、薬事法コンサルタントを入れ、
薬務課までわざわざページの確認に行ったりもしており、
物凄く、まっとうにビジネスをやらせて頂いております。

更に、お客様は毎月多くの方にご購入いただいており、うそでも何でもなく、
かなり沢山のお客様より評価頂いて、おります。

私どもは決してそこらへんの悪徳業者とは違い、
物凄く真剣にお客様と向き合っており、「本当に良い物」を作り出し、
お送りしていこうとしております。
私達の真剣な想いや、企業姿勢を知って頂ければ幸いです。

とのことでした。

夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)の口コミは?

ネット上では「飲んだだけで効果があった!」
というような口コミも見受けられますが、
サプリメントはあくまでも「栄養補助食品」です。

夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)を飲むだけで痩せられる
なんてことはありませんし、効果を記載したら薬事法に触れてしまいます。
普段の食事や生活習慣を整えることが大前提です。

まずはきちんと土台作りをした上で、
不足している栄養素を夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)で補う。
ということを忘れないようにしましょう。

【お知らせ】
「夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)」の類似商品「カゴメリコピン美活習慣」の比較記事を書きました。下記よりどうぞ!

夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版) vs リコピン美活週間の比較記事

2013年12月5日追記:夜スリムトマ美ちゃんの景品表示法違反について

本日、夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)を販売する「株式会社コマースゲート」に対して、
夜スリムトマ美ちゃん(パワーアップ版)は、
「痩身効果を裏付ける合理的根拠が示されず、優良誤認に該当する」として、
消費者庁が措置命令を下しました。
株式会社コマースゲートに対する景品表示法に基づく措置命令について

問題となった表現は下記のとおりです。

「寝ている間に勝手にダイエット!?」
「寝る前に飲むだけで努力なし!?」、
「夜トマトダイエットでマイナス?キロ!!」
「驚き!!寝ている間にダイエット!?」
「寝る前に飲んで!?」、
「以前着ていた洋服もこんなにブカブカ!」

など、あたかも、

1 夜スリムトマ美ちゃん(パワーアップ版)を摂取するだけで
2 特段の運動や食事制限をすることなく
3 容易に著しい痩身効果が得られる

かのような表示をしていたのが原因で、
実際に夜スリムトマ美ちゃん(パワーアップ版)を飲むだけで
そのような劇的な効果が得られる合理的な根拠はなかったそうです。

これは言うまでもなく当然のことで、
飲むだけで劇的に痩せてしまったらそれはサプリメントではなくて、
副作用を伴う医薬品レベルの効果・効能に該当します。

ですので、当記事では以前から

「飲むだけで痩せるなんてことはない」
「普段の食事や生活習慣を整えることが大前提」
「不足している栄養素を補う」

そのような目的で摂取するようにしっかりと注意喚起していました。
当記事では「夜スリムトマ美ちゃんを飲むだけで痩せられる」とは一切書いていません。

そして、夜スリムトマ美ちゃん(旧バージョン)に含まれるビタミンB1・ビタミンB2・リコピン・大豆イソフラボンに関しては、第三者機関により、記載の通りに含有されていることが保証されていました。
ですので、これらの栄養素の摂取目的なら何も問題はないのです。

夜スリムトマ美ちゃんを飲むだけで、
運動も食事制限もすることなく、激やせするかのような表現をして、
消費者にそのような期待を抱かせたことが問題になったわけです。

また、リコピン美活習慣の記事でカゴメの回答にもありましたが、
「リコピンを1日16mg摂ったとしてもダイエット効果は確認されていない」そうです。
カゴメのほうはあくまでも「美容」目的でリコピン摂取を推奨しています。

トマトに痩身効果があると報道されたのは「13-oxo-ODA」という成分のほうです。
参考:トマトから脂肪肝、血中中性脂肪改善に有効な健康成分を発見:効果を肥満マウスで確認 ? 京都大学

ただし、これも「マウス」への実験結果であって、
「人間」の場合に効果があるのか、どのくらい摂取すれば良いのかなどは不明です。

結局のところ、夜スリムトマ美ちゃん(酵素プラス版)を購入するならリコピン摂取目的、
あるいはその他に含まれる「金時生姜」「大豆イソフラボン」「キャンドルブッシュ」
などの摂取目的で購入するのが妥当と言えます。
これらを摂取することは美容や健康に良いのは確かです。

2013年12月6日追記:行政への確認結果

本日、消費者庁にも確認しましたが、
「商品自体に全く効果がない。偽物だ!」というものではありません。

マスコミの報道で商品に問題があるかのような認識を持った人もいるかも知れませんが、
今回の措置は「運動も食事制限もなしに飲んで寝るだけで痩せられる」かのような
「あり得ない広告表現」をしていたことについての措置です。
そこは誤解のないようにしてください。

当記事ではそんなことはあり得ないから、
食事内容や生活習慣を改めることを大前提にして、
不足している栄養を補助する目的で購入するようにとお伝えしていました。

また、夜スリムトマ美ちゃんに含まれる成分は第三者機関に含有が証明されていましたので、
それらの栄養補助目的で摂取するのは問題ありませんし、
そういう目的でご紹介していました。その目的は今も何ら変わりません。

なお、ビフォーアフター写真が薬事法・景品表示法に抵触するか否かに関しては、
「化粧品の場合は完全NGだが、サプリメントの場合は広告内容次第」とのことでした。
実際に、行政が内容をチェックしないと何とも言えないそうです。
(※2013年12月13日追記:ビフォーアフター写真は削除されたようです)

「効果には個人差があり、ダイエットは適切な食事制限と運動の結果です」
という注釈があったとしても、消費者にわかりやすいように表示されているか
飲んだだけでそのような効果が得られると誤解しないようになっているか
その辺りがサプリメントのビフォーアフター写真掲載可否判断になるそうです。
(※2013年12月13日追記:注釈がかなり大きな文字に変わっています。)

現在の「夜スリムトマ美ちゃん酵素プラス版」の販売ページを見る限り、
ギリギリセーフなのかな?という気はします。
昨日の記事内容に一部誤解を招く表現がありましたので、該当箇所は削除しておきました。

今後は、商品の品質・販売ページの内容もしっかり精査した上で、
疑わしい表現をみつけた際にはその旨もっとハッキリ書いていきたいと思います。