1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫血液型別☆O型向け>やせ食材で『たらとあさりのカレーブイヤベース風』

血液型別☆O型向け>やせ食材で『たらとあさりのカレーブイヤベース風』

FYTTE2012年2月号には、血液型別に最適なダイエット食材が
掲載されていました。

何を隠そう、マツイはO型。
ということで、今回はまずO型に最適な食材を使ったお料理をご紹介します☆
その他の血液型向けのお料理も、順次ご紹介していきますね。

カレーブイヤベース風の完成写真

魚、野菜、ターメリックとやせ食材を凝縮!
たらとあさりのカレーブイヤベース風(一人分218kcal)

材料 二人分

カレーブイヤベース風の材料写真

・生たら・・・2切れ
・塩・こしょう・・・少々
・あさり(砂抜きしたもの)・・・200g
・たまねぎ・・・1/4個
・さつまいも・・・120g
・オリーブオイル・・・大さじ1/2
・カレー粉・・・小さじ1
・トマト水煮・・・200g
・塩・こしょう・・・少々
・さやいんげん・・・6本

FYTTE2012年2月号』68ページより

作り方

1.たらは一口大に切って塩、こしょうをふる。あさりは殻をこすり合わせてよく洗う。

2.たまねぎは薄切りに、さつまいもは皮付きのままひと口大の乱切りにする。

3.鍋にオリーブオイルとたまねぎを入れて火にかけ、しんなりしてきたらカレー粉を入れて
 炒める。水1と1/2カップを入れてさつまいもも加え、フタをして約10分煮込む。

カレーブイヤベース風の調理中写真

4.トマト水煮とあさり、たらを加えて時々かき混ぜながら、あさりが開くまで煮込み、
 塩、こしょうで味を調え、さやいんげんを加え、火が通るまで煮たら器に盛る。

カレーブイヤベース風の完成写真

たらとあさりのカレーブイヤベース風 完成写真

カレーブイヤベース風の拡大写真

O型におすすめの食材と避けたほうが良い食材

☆O型におすすめの食材☆
・濃い緑色の葉野菜(例;ほうれん草、さやいんげん、さつまいもなど)
・たらやブリなど脂ののった魚
・くるみやアーモンドなどのナッツ類
・昆布やわかめなどの海藻類
・ラム肉や牛肉など脂肪分が少ない高品質の肉
・プルーン
・エクストラバージンオリーブオイル
・ターメリック、緑茶など

O型は狩猟民族がルーツなので、肉などのたんぱく質がダイエットの味方になります!
上記の食材を意識すると、ダイエット効果もグンと上がりそう(^_^)v

一方、O型の避けた方がいい食品は・・・
・パン、クッキー、ケーキ、パスタなどの小麦製品
・牛乳などの乳製品
だそうです。

マツイの好物ばかりで、なかなか避けては生きていけなさそうですが、
自分の『適量』を見つけて、上手に付き合っていきたいと思います(*^_^*)

参照:『FYTTE2012年2月号』68ページ

感想

今回のブイヤベース風は、焼き魚や和風の煮魚などが苦手な方にオススメです☆
トマトの水煮でさっぱりするのに、カレーのスパイスが効いてて絶妙です(^_^)
カレーの香りであさりなどの魚介類臭さが軽減されますよ。

たらは、あらかじめ骨は抜いておいた方が食べるときに楽です。
骨がキツイ魚なので、抜かずに調理した場合は注意してくださいね。

今回、さつまいもがなかったので、ジャガイモで代用してみましたが、
さつまいもだと甘みも出て、より美味しかったんじゃないかな、と思います。
(ぜひ、さつまいもでチャレンジしてみてください)

作り方には灰汁取りは載っていなかったのですが、
余裕がある方は灰汁も取った方がスープもクリアになってキレイですよ♪

さて、次はどの血液型に向いたお料理を作るのでしょうか・・・
お楽しみに☆

執筆:マツイサトコ(ダイエットレシピ担当)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。