どろ豆乳石鹸「どろあわわ」のレビュー

どろろあわわ写真1

販売元:健康コーポレーション株式会社ってどんな会社?

2002年に健康食品の通信販売を目的として創業し、
自社Webサイトにてネット通販を開始。
2年後の2003年に楽天市場へ出店し、
札幌証券取引所アンビシャス市場に上場。

その後、数回に渡る自社グループ内会社の統廃合の末、
現在の社名である健康コーポレーション株式会社となっている。

健康コーポレーションは

わたくしたちは、世界でいちばん、
イキイキワクワクした
 「けんこう(KENKOU)」をつくり
 「えがお(EGAO)」
 「かがやき(KAGAYAKI)」
 「ありがとう(ARIGATOU)」
を世界中に広めます。

を経営理念としており、

主力商品として、
家庭用美顔器「エステナードソニック」(写真参照)、豆乳クッキーダイエット
などの健康関連商品をネットを中心にして販売している。

●開発秘話
商品に同封されていた「あわわの本」に開発秘話が載っていたので引用いたします。

脈々と受け継がれてきた美白の秘術を、日本女性の肌へ。

生命の源である海。その底で、静香に眠りつづける「泥」。
そこに不思議な力が秘められていることは、
数百年以上も前からヨーロッパでの人々に知られていました。
高貴な女性たちは競うように海泥で肌を磨きあげ、
陶器のような白さを手に入れていたのです。
長い歴史の中で、すでに実証されている
その効果を、日本女性の肌にも届けたい。
それが「どろろあわわ」開発の始まりでした。

数百年も眠りつづけた、奇跡の力。
答えは、沖縄の海にありました。

日本人の肌には、日本の海泥が合うはず。
その信念から全国の海を探しつづけ、
ついにめぐり会えたのが、沖縄のある地域にしか
存在しない海泥、「マリンシルト」でした。
それは、数百年もの間堆積された泥が
地表にあらわれてきたもの。
豊富なミネラルなどによる肌への効果は
私たちの予想をはるかに超えていました。
奇跡の泥から生まれた「どろろあわわ」。
その驚くべき力を、ご紹介していきます。

商品概要

どろろあわわのパッケージ

商品はネットで注文して2日後にこんなパッケージで届きました。
大学ノートくらいの大きさで厚みは2cm弱ですので郵便ポストにも入りそうです。

どろろあわわのパッケージ2

パッケージを開けてみました。
テープでとめてあるので開けるときにはハサミがあったほうが便利です。

どろろあわわ全商品

商品(どろろあわわ)以外にも解説書や関連商品の紹介、追加で商品を購入する場合の方法など
いろいろなものが入っています。

どろろあわわ写真1

これが「どろろあわわ」です。
大きさはウィダーインゼリーくらいの手のひらサイズです。
また、今回は初回購入だったので、、、

泡立てネット

どろろあわわを効率よく泡立てるための「泡立てネット」がサービスでついてきました。
こういうのはうれしいですよね。

どろろあわわを実際に使って洗顔してみました

まず最初に泡立てネットにお湯をかけてなじませます。
お湯の温度は肌に最も良いと言われている32度にしてください。

どろろあわわを手のひらへ

どろろあわわのフタをひねって開けて粘土状の石鹸を出します。
少し握力というか指の力がいります。

どろろあわわを泡立てネットへ

粘土状の石鹸(どろろあわわ)をこうやって泡立てネットに1.5cmくらい入れます。

どろろあわわを泡立てる

泡立てネットをシャカシャカとこすると段々と泡が立ってきます。
 ※必要に応じてお湯をかけて泡立ちがよくなるよう調整してください

どろろあわわを絞り出す

十分に泡立ったと思ったら、こうやって泡立てネットから泡を絞り出します。

逆さまにしても落ちないどろあわわ

泡立ちネットから泡を絞り出し手のひらに乗せてみました。
かなりの弾力があってこうやって手を逆さまにしても泡が下に落ちません。
びっくりです。

どろあわわを顔全体に

顔全体に泡をつけてみました。
もちもちしてて泡自体にかなりの弾力があり、
厚みもあるので泡が『顔に乗る』感じがしました。
実際に、手でくるくる顔に広げても泡がへたれません。

匂いは、少し泥特有の匂いもしますが、
全体的に花のような香りがするので泥の匂いはほとんど気になりません。

この後お湯で顔をすすいだのですが、なかなかのガンコちゃんで
お湯で20回くらいすすいだ後にさらに冷水で10回ほどすすぎました。

洗顔後はつっぱり感はなく、
しっとりというよりも『すべすべもちもち」の感じです。

●おすすめの使用方法
この商品は洗顔用石けん的な位置づけの商品なのですが、
肘や肘、踵(かかと)などの角質が気になる部分を洗うときにも私は使っています。
実は私は付属の資料を隅々まで読み込んでいなかったのですが、
どろろあわわで全身を洗っているユーザーの声も載っていました。
 
私は「背中にきび」はないのですが、背中にきびで悩んでいる人が
どろろあわわを使用しているという声も掲載されていて、
そういえば商品名に「洗顔専用」などとは書かれていないことに気づき、
「全身に使ってもいいんだ!」とちょっと得した気分になりました。

デメリット

  • チューブ状なので最後まで使い切るのがわりと大変
  • 吸着力が強いので洗顔後に泡を落とすのに何回もすすぐ必要がある
  • 洗面所にフックがない場合、泡立てネットの置き場に少し困る

こんな人にはおすすめできません

  • 洗顔に時間をかけられない人(吸着力が強いため、すすぎに時間がかかる)
  • 脂分を取りすぎてしまうと肌が荒れてしまう人
  • 容器がおしゃれではないので、洗面所やお風呂場のデザインにまで気を使っている人

メリット

  • 徹底してこだわった国産の天然成分を使用しているので安心感がある
  • 顔だけでなく、角質を落としたい箇所など全身にも使用できる
  • パッケージ(チューブ)に石鹸が入っているので固形石鹸のような不衛生感がない

こんな人におすすめです

  • 毛穴の奥の黒ずみをごっそりと落としたいと思っている人
  • しつこい角質が肘や膝、かかとなどにあって困っている人
  • 泥エステに通うお金と時間がなく、自宅で手軽に泥エステを体験してみたい人

総評

「毛穴の奥深くに潜んでいる黒ズミをどうしても除去したい」
「赤ちゃんのようなつるつるもっちもちの肌を取り戻したい」

そんな人におすすめなのが『どろろあわわ』です。
弾力泡だからできるクッション洗浄とマイナスイオンの吸着力で、
毛穴の汚れや古い角質をスポイトのように強力吸着してくれます。

さらに、汚れを除去すると同時に
大豆イソフラボン、ヒアルロン酸、コラーゲンといった美容成分で
毛穴やくすみまでトータルケアが可能となります。

どろあわわはの主成分で、テレビでも話題になった美容泥「マリンシルト」は、
沖縄の方言で「クチャ」と呼ばれる泥灰岩から抽出されますが、
このクチャは琉球王朝時代から洗浄料として琉球の人に広く知れ渡っていたそうです。
このマリンシルトの微細粒子が毛穴の細かいところにも入り込み、
汚れを「吸着」してくれるのが他の洗顔石鹸とどろろあわわの大きな違いです。

実際にどのように使うのかというと、
まず付属の泡立てネットに32度のお湯をかけなじませたあとに、
どろあわわを1.5cmほど取り出し、泡立てネットで泡立てていきます。

1分ほどでかなり泡立ってきますので、泡を絞り出して、
顔に乗せるようにして広げていき、優しく洗っていきます。
吸着力が高いので、お湯で20回、冷水で10回ほどすすぐ必要がありますが、
つっぱり感はなく、すべすべもちもち感の洗い上がりです。

泥エステサロンでもほとんど使用されていない貴重な天然泥
「マリンシルト」を使って自宅で泥エステ体験をして、
赤ちゃんのようなもっちもちの肌を取り戻したい人に
どろ豆乳石鹸「どろあわわ」の購入をおすすめします。

購入方法

下記のバナーをクリックして、公式ページへ移動後、お申し込みください。

べジーデル酵素液

プチ断食成功者が続出!酵素シリーズ100,000本突破!

「定期コース」もありますが、
まずは自分に合うかどうか確認する必要がありますので、
2,980円(+送料630円)(デルオフベジーデル酵素粒付き)でのお試しをおすすめします。

以上、どろろあわわのレビューでした。

購入前の相談窓口はこちら

どろろあわわが欲しいけど迷っている方、
不安な方はお気軽にメールでご質問・ご相談下さい。
原則、24時間以内にお返事します。

めしおにメールしてみる