1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫血液型別☆AB型向け『大豆といわしのしょうが煮』

血液型別☆AB型向け『大豆といわしのしょうが煮』

すごい寒波ですね・・・。
買い物に行くのも躊躇するくらい、寒いですね。
皆さんのところはいかがでしょうか?

さて、今日は血液型別、AB型向けレシピのご紹介です。
しょうがのピリ辛が体を温めてくれますよ♪

いわしの生姜煮の完成写真

良質のたんぱく質をしっかり補給!
『大豆といわしのしょうが煮』(一人分 357kcal)

材料 二人分

いわしの生姜煮の材料写真

・いわし・・・3尾
・にんじん・・・2/3本(150g)
・しょうが・・・大1かけ(20g)
・こんぶだし汁・・・1/4カップ
・酒・・・1/4カップ
・黒糖・・・大さじ2
・大豆(水煮)・・・100g
・しょうゆ・・・大さじ1と1/2
・万能ねぎ・・・1/3束

FYTTE2012年2月号』69ページより

作り方

1.いわしは頭と内臓を取り除き、2~3等分のぶつ切りにする。
 にんじんは一口大の乱切りにする。しょうがは薄切りにする。

●マツイのワンポイントアドバイス
 魚の内臓はそのまま生ごみにすると、結構臭いが気になりますよね。
 なので、マツイはいつも魚の内臓やエビの殻などはビニール袋にまとめて
 冷凍庫で凍らせてしまいます。そうすると、臭いが気にならなくなるので
 オススメです☆ただし、ゴミの日に出し忘れないようにしてくださいね~(笑)


2.鍋にだし汁と酒、黒糖、にんじん、しょうがを入れて火にかけ、煮立ったら、
 大豆といわしを加えて、煮汁をまわしかけながら、落とし蓋をして約15分煮る。
いわしの生姜煮の調理中写真

3.しょうゆを加え、さらに煮汁が少し残るくらいまで5~10分煮る。
4.器に盛り、小口切りにした万能ねぎをのせる。

いわしの生姜煮の完成写真

大豆といわしのしょうが煮の完成写真

いわしの生姜煮の拡大写真

感想

パッと見、これって量が少ないのでは?と思うかもしれませんが、
大豆を食べるのに意外と時間がかかるので、
案外お腹がいっぱいになります(笑)

黒糖としょうゆ、昆布だしが効いててとってもまろやかな味わいです(^_^)
にんじんも甘く、柔らかくなっているので、子どもの箸も進みます☆
マツイは出汁をとった後の昆布を少量刻んで、一緒に煮込んでみたのですが、
昆布にも味が染みて柔らかくなり美味しく食べられたので、海草も摂れて尚良しです。

いわしは小骨が沢山あるので、骨を避けるのが苦手な方は
さば、サーモンなど脂ののった魚に替えて調理してもいいと思います。

AB型は消化酵素が少なめなので、どか食いはNGだそうです。
食事の回数は増えても、1回の食事量が多くならないように気をつけるのが
ポイントのようです。

皆さんも作ってみてくださいね~(^_^)

執筆:マツイサトコ(ダイエットレシピ担当)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。