1. ホーム
  2. ≫ニキビ・ニキビ痕をキレイに直す方法

ニキビ・ニキビ痕をキレイに直す方法

人気エステサロンオーナーさん4名に
「ニキビ・ニキビ痕をキレイに直す方法」を聞いてみました。
参考にしてください。

ブライダルエステ コスメティック「キュア」代表 土居先生の回答

ニキビ跡のケアとしては「ビタミンC配合の美容液やパック」でのケア、
または「ハンディ型のイオン導入器」を使って美容液をお肌に浸透させるのが有効的です。

皮膚を乾燥させないで、水分を与えてあげることが大切で、
パックや美容液で皮膚を柔軟にしていきます。
もちろん自らの水分摂取も大切で、
ミネラルウォーターを沢山飲むなど心がけて、老廃物の排泄を促します。

ビタミンC配合美容液をチェックする際は、
成分表示に「アスコルビン酸」があるかどうか確認してください。
これが「ビタミンC」となります。

ハンディ型の美顔器は、個人的には
「フェースコスメティックのセルベスタパーソナル」をオススメしますが、
他にもハンディ美顔器の老舗「ラメンテ」とかも良いと思います。
美顔器は価格帯3万以上を目安にすればいいものに巡り会うかも。

美と健康「シナモンサロン」経営 ようこ先生の回答

まず、ニキビの理由は一般的に次の3つと言われています。

1:思春期、男性ホルモンや黄体ホルモンの分泌量が増加して、
ホルモンバランスがくずれ、皮脂腺が活性化して皮脂分泌が増大する。

2:遺伝的要因、ストレスなどの精神的要因などによってホルモンバランスが乱れる。

3:胃腸の調子が悪い、糖分の過剰摂取など食生活に偏りがあり、
ビタミンの代謝異常が起こる

これらの結果、皮脂分泌量が急激に増加したり、
皮脂の排出口である毛孔の角質が肥大閉塞していると、皮脂が毛孔につまります。
すると、

・アクネ菌が活発に活動し、皮脂を栄養として増殖する。皮脂は分解される。
・皮脂の分解生成物である遊離脂肪酸が作用し、周りの皮膚にかゆみや炎症を起こす。
・白色ブドウ球菌などが、周囲の真皮組織を破壊して化膿させる。

といった症状が起こります。

ニキビをケアする方法としては、エステサロンでは、
ニキビを増やさないように予防し、徐々に症状を軽くする事が必要なので、
皮脂が毛孔につまらないように、毛孔につまった汚れ、皮脂を取り除きます。

自宅ではオイル以外で優しくクレンジングして、スチームタオルの使用をお奨めします。
洗顔も泡を作って優しく行ってください。
家庭で強い洗顔をすると、角質をはがして、かえってニキビの原因を作る事になります。
特に、毛孔まわりを常にやわらかくして皮脂が出やすいようにしましょう。

大人のニキビは額、鼻の上、口の周りにできることが多いですが、
それはその部分の皮脂の分泌量が他の部分より2~3倍も多く、毛孔につまりやすいからです。
額に多い方は、使用しているシャンプー、リンスに界面活性剤の刺激に寄るものが多いです。

美顔の為にも頭皮のケアが大切です(たるみは頭皮から)
皮膚は真皮、表皮、皮下組織から構成されていますので、
それぞれにきちんとお手入れをしていくのが、
ターンオーバーのサイクルを28日に戻してあげる最良策だと思います。

ALEX-S & フェイシャルエステティックサロン sogni-ソーニ-代表 手島先生の回答

ニキビは思春期と大人のニキビと原因が一つではないのですが
ケアはなるべくお肌を清潔にしておく事!
色々いじるより洗顔を心がけるのが良いと思います。
私は昔クロロフィル化粧品を使って治しました。

やり方は、ガーゼを煮沸消毒してクロロフィル化粧水で顔を拭きます!
一度にガーゼを10枚位使い、何度も何度も顔を優しく拭き取るのです!
なので、朝晩 20枚位ガーゼを使い、毎日煮沸消毒を繰り返すと言う手間がかかります。

ニキビはむやみにいじったり、ばい菌が入るのがよくないので、
手でさわらないとか、洗顔の時にこすりすぎないとか、
何を使うかより「刺激を与えない事」が大事だと思います。

ちなみに、クロロフィル化粧品は確かにきれいになりますが、
化粧品すべてが葉緑素で緑色をしていて、使いなれないと顔が緑っぽくなってしまいます!
そして、食事やサプリでビタミンCをたっぷり取って、
規則正しい生活と清潔なお肌を保つのが何より効果的だと思います。

美SHOP 桜魁~さくらん~代表 もえ先生の回答

ニキビ痕には「EGF」という成分がたっぷり入ったスキンケアを使うと良いです。
特に出回っているものでメインなのは美容液ですが、
その中でも、きちんとEGF協会認定のシールが添付されていて、尚且つ、
それらの中でもより濃度の高い製品を選ぶと良いです。

EGF協会認定シールとは、日本EGF協会が、
60ml中6μg以上配合している製品にのみ認可をしているという証のシールになります。
コーエン博士がノーベル賞を受賞した時の濃度は60ml中10μgということですので、
出来ればその濃度の配合ができているものを選ぶと良いでしょう。

「EGF」とは「ヒトオリゴペプチド-1」という成分で、
ノーベル医学生理学賞を受賞している成分になります。

日本語名では上皮細胞再生因子などと言い、その名の通り、
表皮細胞の再生、つまり、細胞の賦活作用(表皮細胞の新陳代謝・ターンオーバー)
を促進させるための成分です。

と、少々面倒くさそうなお話をしましたが、
小さい頃に、ちょっと指を怪我したりなんかすると、
お母さんから「舐めときゃ治るわよ」なんて言われたりしませんでしたか?
その「舐めときゃ治る」成分がこのEGFなのです。

つまり、細胞の分裂する能力を正常化することによって
傷の治りを早めたり、皮膚を若い頃に近い状態まで活発にしたりしてくれる優れものになるわけです。
使うとビックリするほど早くニキビ痕は消えていきますし、
そのほかにもお肌がぷりんと若返ります♪つるつるぷりぷりになれちゃうのです♪

それから、「ニキビ痕」に直接ではありませんが、
ニキビや、お肌にダメージを与える最大の原因のもっとも大きいもの
の中にオイルクレンジング・洗顔方法・紫外線などがあります。

もちろん、他にも、ストレス(内的要因・外的要因)、
年齢、オーバートリートメントなどまだまだ理由はあります。

本格的にニキビ跡を治したい場合はケミカルピーリングを

田中玲子のニキビ跡改善法1田中玲子のニキビ跡改善法2

そして、化粧品を使うだけでなく、本格的なニキビ跡の改善ケアを自宅でやりたい場合は、
田中玲子先生の「自宅で安全にできる!ニキビ&ニキビ痕改善法」をおすすめします。

簡単に言うと、ケミカルピーリングで肌をリセットして、
異常繁殖したアクネ菌を乳酸菌パックで整えて、
美点マッサージで肌の新陳代謝を良くさせるという方法です。

田中玲子先生のニキビ・ニキビ跡改善法については
下記のページでもっと詳しく解説していますので、ご覧ください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。