1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫たけしの家庭の医学「脈拍減量術」のやり方・方法(2011年1月4日放送)

たけしの家庭の医学「脈拍減量術」のやり方・方法(2011年1月4日放送)

たけしの家庭の医学「脈拍減量術」のやり方・方法(2011年1月4日放送)

めしおです。
本日2011年1月4日放送
「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」
にて、「脈拍減量術」なるものが紹介されていました。

■本日の記事内容

2011年1月4日放送「たけしの家庭の医学」
名医の「脈拍減量術」のやり方・方法

【PR】人気ブログランキング参加中

このブログは、下記の人気ブログランキングに参加しています。

→ 人気ブログランキングを見てみよう!

食べる量を変えないで血流を改善する

本日2011年1月4日放送
「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」
3時間スペシャルにて
「簡単メタボ改善法」が紹介されていました。

(参考データ)
■腹囲の正常値
男性 85cm未満
女性 90cm未満

■内臓脂肪の正常値
100平方cm未満

これをオーバーすると「メタボ」だそうです。

このメタボを解消する方法として紹介されていたのが、
食べる量を変えないまま、1分間の脈拍を100程度に保ち、
内臓脂肪を減らすという方法です。

脂肪細胞の脂肪を効率よく使えるのが
脈拍を100に保つ程度の運動だそうです。

なぜ、脈拍を意識すると内臓脂肪が減るのか?

通常、血管の中にある脂肪と酸素が
筋肉の中で燃やされることでエネルギーになり、
脂肪が燃焼される。

脈拍が100くらいになると、
身体がさらに「エネルギーが必要だ」と判断。

内蔵脂肪から血管により多くの脂肪が溶け出す

血液量も多くなり、酸素も増えて、
筋肉の中でより多くの脂肪が使われる

これを続けていくと内蔵脂肪が減る

という理論だそうです。

要するに、通常時よりも若干脈拍を上げて、
通常時よりも多く血中に酸素を送り込み、
脂肪を燃焼させるという考え方です。

ただし、脈拍を上げすぎると、
逆に脂肪が使われなくなるので、

・60代以上の高齢の人は1分間に脈拍100程度
・50代以下の若い人は1分間に脈拍120程度

の運動がベストとのことです。

坂道脈拍ウォーキングで脈拍を120程度に上げる

脈拍を120程度に上げる方法として、
「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」
のスタッフが考案したのが、
「脈拍を120に保つ坂道ウォーキング」です。

坂道なら普通に歩くだけで自然と脈拍が上昇するから。
とのことでした。

番組の検証で使われていた坂道は、

■皇居のお堀コース(全長1.8km)
距離が長く、なだらかな坂道

■高輪マダムコース(全長1.8km)
傾斜のきつめな短い坂の組み合わせ

この2つのコースのどちらかで、
これを1週間続けて成果を出していました。

ただし、高血圧、糖尿病の人は
担当医に相談してから行ってくださいとのことです。

「激しい運動をすれば痩せる」
と思っている人がたくさんいますが、
大切なのは血流を変えて、酸素を送り込むことです。

そのひとつの方法が、
今回の「坂道脈拍ウォーキング」というわけです。

血中にいかに酸素を取り込むかについては、
コウヅ式でも詳しく解説しています。
下記より無料オンラインセミナーを受講できますので、
興味のある人は登録しておいてください。

→ コウヅ式7日間集中ダイエットセミナーの登録はこちら

●本日のまとめ

本日1月4日放送
「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」
で紹介された「脈拍減量術」の正体は、
坂道でウォーキングをして脈拍を上げるという方法。

あなたのお悩みを解決できる教材はきっとこちらにあります

「良いものは良い、悪いものは悪い」と
当ブログ管理人めしおの独断と偏見でレビューしています。
是非、一度ご覧ください。

→ ダイエット・バストアップ教材レビュー一覧はこちら

質問・相談受付中

→ めしおへの質問・相談はこちら

原則、24時間以内にお返事します。
お気軽にお問い合わせください。

無料オンラインダイエットセミナーはこちら

ブログランキング参加中

今回の記事が参考になりましたら、
下記のランキングを応援していただけると嬉しいです。
↓  ↓  ↓

人気ブログランキング
このブログの順位を見てみる

いつも応援ありがとうございますヽ(・∀・)ノ ワーイ♪

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。